紫式部といえば「源氏物語」・・・。いろんな意味で、「枕草子」の作者の清少納言と対比されることも多いと思う。
でも、時の権力者たちの思惑だけのために、それらが生まれたとは思いたくない。
時代に逆らいきることはできなくても、一生懸命に生き、恋をし、物語を書いた紫式部「香子」がいたはずだと思いたい。
この小説のように・・・。